音響・照明科カリキュラム

目指す将来像に向けて「教養・実技・理論」と体系的にカリキュラムを編成し、
音楽エンタテイメント業界人としての知識や技術を効率的に習得します。

また、学生自身が自由に選べる選択科目にて、幅広く知識・技術を習得し、オンリーワンのスペシャリストを目指します。

音響基礎実習

校内にあるライヴホールで、実際のプロの現場と同じ機材に触れながら、スピーカーの仕込からマイクの使い方、本番でのオペレーションまで、その基本的な知識を学習します。

照明基礎実習

照明エンジニアに必要な基礎知識を学習します。照明設備はもちろん、実際に作業を行う舞台機構のことや、基礎的な電気関係の知識を身に付けます。

レコーディング基礎実習

日本海側唯一の本格的レコーディングスタジオ「F7th Studio」にて、音楽の制作を中心に、基本的な機材の使い方および、作品として仕上げるまでの方法を習得します。

著作権法

音楽には「著作権」という権利が発生します。今や音楽ビジネスは権利ビジネスとまで言われています。この授業では著作権の基礎を学習し、検定取得を目指します。

音響実習

コンサート・ライヴ・イベントの規模に合わせた音響機材を使って、観客全員に感動を伝えるための、音響技術の深い知識を身に付け、実力あるPAエンジニアを育成します。

ライヴハウス実習

学校内外で実際に行われる数多くのライヴにスタッフとして関わっています。ホールや野外コンサートなどとは違うライヴハウスという特殊な場所での基本を学びます。

照明実習

基本的な電気関係の知識から、照明設備、実際に作業を行う舞台機構のことを学びます。

レコーディング実習

デジタル時代のプロ機材を活用した実習で、アーティストから信頼される実力あるレコーディングエンジニアを育成します。

Pro Tools

世界基準の音楽制作ソフトPro Toolsを使用して、DTMやミキシング、音源編集、レコーディングなどさまざまな音源制作を行います。