音響・レコーディング・照明 “エンジニア”という仕事

2016年09月23日  先生ブログ杉本 千尋

音響・照明科担当の杉本千尋です♪

急にですが、音響・照明のお仕事はただの技術職ではありません!
音量、音質、色、光の強さ、、、(まだまだありますが)
こういったことを決めているのは誰でしょう?
そう、音響エンジニア、レコーディングエンジニア、照明エンジニアの方です。

「音量デカくして」「照明豪華な感じに」
色んな支持のもとエンジニアは機材を駆使して、
音や光をコントロールします。
でも100人のエンジニアが同じ指示をうけ、同じ機材を使ったとしても、一つとして同じものは出来ません。
実際に何を使ってどんなものを作るのかは、エンジニアが決めます。

僕が思うに、エンジニアは、
アーティストや舞台に立つ人がやりやすい様に配慮したり、
その人のために頑張りるこは大切だと思います。
でもさらに、
アーティストが演奏する事と同じ、
つまりエンジニアは、プレイヤーと同じだと思っています。

ライヴでもレコーディングでもアーティストと共に演奏をして、共に音楽を作る。
僕にはそんな感覚を持ちながらエンジニアをしています。

アーティストに喜んでもらいたい。
そしてその先にいるお客さんに喜んでもらいたい。
その気持ちを持てる人がエンジニアになれると思います。

Chihiro

Back top Top