10-FEETのヒトリセカイが好き過ぎて書いてみたくなりました。

2017年02月16日  その他

10-FEETってバンド、実はずっと前から知っていたんです。

曲も好き。サウンドも好き。生き様がカッコいい。

 

ふと、SHOW!の2F受付前のモニターに10-FEETのヒトリセカイが流れた時、

前から知っていたバンドなのに、改めてカッコいいな!好きだ!ってなりました。

10-FEET ヒトリセカイ(前半)

 

かっこいいですね。

 

そしたら今日、同じSHOW!の2F受付前のモニターに、今度はKEYTALKが流れました。

KEYTALK ASTRO

あ~かっこいいな~!って思ったんです。

 

あれ?白背景の中で演奏するMVってもしかして多くあるのかな??

と思うようになりました。

 

 

そういえば随分前に、ビジュアル系のバンドでPierrotというバンドがありました。

そこで今回のMVはどんなテーマですか?という記者の質問に対して

白って無機質なイメージ。無機質だから怖くて、何もないからこその独特の雰囲気を出したい、的な事を言っていたな~(うろ覚え)

というのを思い出しました。覚えていた訳でなく、何故か急に思い出した感じですね。

Pierrot DRAMATIC NEO ANNIVERSARY

 

これを見た時、音楽性や世界観、そしてメンバーが言っていた白背景ならではの「無機質」や「怖さ」を感じて、何故か恐ろしくて恐ろしくて。

 

 

そういえば白の背景でのMVって沢山あるなって思ったんです。

どれもそのバンドの色が出ていて、個性的でカッコいいなって思うのです。

何故同じ白背景なのに、各々違う印象を受けるのだろう?

椎名林檎 NIPPON

 

音楽が違う、歌ってる人や演奏している人が違うから!

という単純な理由もあると思うのですが、

こんなシンプルなのにパワフルであったり、世界観であったり。

 

視覚からの情報が少ないせいか、アーティストが際立つのかなとも思いました。

そしてシンプルってすごく難しいのに、こんなに表現しているかと思うと、

音楽ってやっぱり楽しいですね。

ONE OK ROCK 完全感覚Dreamer

 

 

こんな事を考えながら、様々なアーティストが表現しているのってとっても素晴らしいのです。

だ、け、ど!

今回はやっぱり10-FEETがカッコいいなって改めて思いました。

10-FEET ヒトリセカイ(後半)

 

 

最後まで見たら、思わず笑ってしまうところもいいですね。

 

Back top Top