日本人のDNAの中には・・・

2012年09月23日  授業風景田中 良

こんにちは。

入学相談室のサックス担当・田中です、どうもです。

先日のブログにも紹介がありましたが、9月21日(金曜日)の

SHOW!ゼミ(全校一斉の合同授業)では、

日本舞踊、市山流家元・市山七十世(いちやま なそよ)先生にご来校いただき、

「日本舞踊」について、学びました。



日本に生まれ育った私たちには、幼い頃からテレビなどで観る機会はたくさんあるのですが、

なかなか実際に目の前で観たり、自分で踊ったりということはないのが、

日本舞踊だと思います。

でも、私たち日本人のDNAにはきっと、

日本舞踊の動きやリズム、

そして、一緒に鳴る和楽器の音色が、

深く刻まれているのだと思います。

だからこそ親しみやすく、懐かしく、関心がわきます。



ご講演では市山先生から、日本舞踊の歴史から詳しく教えていただくとともに、

最後には、「桃太郎」の物語を実際に舞っていただきました。

桃太郎、おじいさん、おばあさんなど、桃太郎の登場人物を見事に踊りで表現され、

学生からは感嘆の声があがりました。



また、お持ちいただいた和楽器

「鼓(つづみ)」に学生の田村君が挑戦しました。



講演終了後には、多くの学生が先生に直接質問や感想をお話しさせていただきました。

来週からは、選択授業の「日本舞踊」がスタートします!

このように日本文化や日本芸能に触れて理解することで、

更に自分自身が目指す世界を知ることが出来るものと思います。

みなさんも、ぜひ一度機会があれば、日本の伝統芸能を体験してみてください。



 

 

Back top Top