【不定期連載】2分、時間ください。Fiona AppleとDiane Birch

Fiona Apple Maggart(フィオナ・アップル・マッガート)

アメリカの女性シンガーソングライター。

幼少期から様々な暗い過去、辛い体験をする。

音楽業界に飛び込むきっかけは、レコード会社の重役のもとでベビーシッターをしていた【友人】にデモテープを手渡し頼んだ。

彼女の声やピアノ演奏が重役の気を引き、レコード会社契約へ。

 

 

Diane Birch(ダイアン・バーチ)

アメリカの女性シンガーソングライターです。

彼女は小さい頃からピアノを習っていて、ピアニストとして活動していたのだが

【友人】の勧めで歌を披露する事をきっかけに、作詞と作曲をするようになる。

自分の作品を「MySpace」で公開していたところ、ロンドンのプロデューサーから声がかかり、LIVEを行うようになる。

 

 

ん〜

Wikipedhia感が満載ですね!

 

 

Fiona Appleは史歩が20歳の頃

当時史歩は専門学生だったのですが、とあるきっかけでラジオ番組制作のアルバイトをしていたのです。

(どんなきっかけだよ。。。)

そこでいろんな音楽をBGMとして流したり、リクエスト来たから流したり。

そこで番組内で紹介されたのがFiona Appleのアルバム「TIDAL」

彼女の歌声に、もうね、はまってしまったのですよ。「TIDAL」をリリースした時のFiona Appleは18歳。

自分よりも年下なのにこんな活動しているのか!?

と、衝撃を得たのを覚えています。

 

 

Diane Birchは、今から4年前くらいですか。

Fiona Appleの楽曲を話の流れで授業中に紹介したんです。

そしたら、1人の生徒が休み時間に史歩の所に来てくれて

「先生、Diane Birchもいいですよ!是非聞いてください!」

さっそく聞いてみたらFiona Appleと同じ衝撃を得たのです。

似てる?という感じもあったかもしれませんがね。

とにかくこの二人のアーティスト、好きです。

 

 

書いていて今、思ったのですが、

これは史歩が尊敬してやまない、ヴォーカリストとしてもドラマーとしても大好きな

The Carpenters(カーペンターズ)のKaren Anne Carpenter(カレン・アン・カーペンター)

の衝撃から来ているのでは?と思います。

(The Carpentersの話はまた別の機会に。。。)

 

 

話を戻して、、、

この二人のアーティストの共通点は【友人】。

もちろん、【友人】がきっかけでアーティストになった人達は沢山いますが、

この史歩の大好きなアーティスト二人は【友人】がきっかけだった。

【友人】って大事ですね。自分の才能やきっかけを引き出してくれるのですからね。

ありがたい事です。

 

 

そんなきっかけを与えてくれる、

或いは気軽に頼める、

お互い高めてくれる、

そんな【友人】はいますか?

史歩は居ます。

それは何故か、専門学校で出会った仲間が【それ】ですね。

幼なじみも、一緒に夢見たバンドメンバーもそうですが、

一味違うのが、専門学校ですね。

きっと、一つの事が好きで集まった、形は違うが同じ感覚を持った人達が集まるのが専門学校だから、

切磋琢磨した音楽について遠慮なくぶつかったり、共感したりしたから?なのかな??

 

そんな【それ】も、昔からの【友人】も、これから出会う【友人】も

きっかけを与えてくれる、何だか不思議な感覚。

 

 

 

2分過ぎました?

今日はFiona AppleとDiane Birchでした。

(+α【友人】の話が盛り上がってるような。。。)

 

 

史歩

 

 

 

 

Back top Top