【Epidemic】学生コンピアルバムレビュー【music toy box】

 

サウンドクリエイター科のなかのです。

楽曲レビュー7日目!


 

本日は7曲目収録「O.T」作曲の「Epidemic」です!

 

 

アルバムはこちらから視聴できます☆

◆music toy box◆

 

 

タイトルの「Epidemic」は、直訳すると「流行病、伝染病、疫病」という意味。

私はこのタイトルと楽曲を聴いた時、

楳図かずおさんの「漂流教室」が頭にうかびましたけど、世代ですかね、ええ。すみませんね。学生はわからないですよね、漂流教室。

当時小学生の私にはまじでトラウマ漫画だった、漂流教室。

窪塚洋介と常磐貴子がドラマでやってた、漂流教室。

 

保護者の皆さんや先生たちにはわかってほしい!このきもち!

 

 

話がそれました、ね。笑

 

 

さまざまな音源を使用していますが、

宇宙から来た何かとか、病気が流行して建物や人もすべてなくなった世界、みたいな、そんな感じのイメージ、なのでしょうか?

うまく表現できてるな!と思いました。

 

ちなみに同じ学科の男の子は、戦争とか、赤紙が届いた家の感じ、っていうイメージを口にしていました。

たしかにそういう寂しい感じも醸しでている曲ですね!

 

実はこの曲、最初はアルバムの一番最後に収録しようか迷った曲。

なんだか全ての「終わり」を表しているような気がして。

 

でも、「music toy box」のアルバム最後にはさすがに暗すぎた!笑

なのであえて、6曲目の「あー」さんの【生きたい】という叫びのあとに、スッと持ってきてみました。

 

 

 

最初にこの曲を聴いた時、歌を入れても綺麗な曲になるだろうなって思ったので、か細い声の女の子とかに、感情をゼロにした歌声で歌ってもらいたいね。そんなバージョンも聞いてみたい。

 

あえてドラムの音を籠らせたりとか、メロディとドラムだけのところを急に持ってきたり、スムーズに4分の4拍子でいかなかったりするところなどに、作曲者O.Tくんの細かいこだわりを感じる1曲になっています。

 

 

みなさんもこのブログを見た後、再度この曲を聞いてみて、いろんな情景を想像してみてもらいたいです。

そして、漂流教室もぜひ、読んでください。笑

 

Back top Top