【Bright Sky】学生コンピアルバムレビュー【COLORFUL TUNES】 │ SHOW! ブログ

【Bright Sky】学生コンピアルバムレビュー【COLORFUL TUNES】

NO IMAGE

 

みなさんこんにちは、サウンドクリエイター科のなかのです。

7月8日・9日のSHOW! SUMMER  REVIEW2022はご覧になりましたでしょうか?

めちゃくちゃみんな頑張ってて私も感慨深くみておりました。

 

そしてみなさん、MC中に流れていた楽曲たちを聴いていましたか…?

実はあのBGM、サウンドクリエイター科の作曲・編曲コースの学生が制作した楽曲だったのです。

そして!

その学生作品をあつめたコンピアルバムが、昨日7月11日にサブスク配信開始となりました!!

わーわー!

 

本日から収録している全17曲の楽曲レビューを

今年も

わたしの

独断と偏見で

お送りしていこうと思います。

(よければ昨年のアルバムとレビューもみてね)

 

今年は学生のコメントももらったので、そちらも紹介していっちゃいます!

作曲者名は、学生たちが指定した名前でのご紹介になります。

関わった学生もイニシャル等での登場とさせていただきますのでご了承ください!

 

 

さて。

まずはこちらのジャケット画像をご覧ください。

 

今回のアルバムのために書かれたこのジャケット。

実はこちらもサウンドクリエイター科の学生の手作りの作品になります。

すごくないです?

かわいいよね、そしてこまかい!

提出してくれたのを見た朝5時のわたし、だいこうふん。笑

ぜひこのジャケット画も楽しみながら楽曲を聴いていただきたいです!!

 

 

さてさて、

本日1日目のレビューは、1曲めに収録した「Saw」作曲の「Bright Sky」です。

 

曲はこちらからお聞きください!

 

EDM調のこの楽曲は、アルバム1曲目にふさわしいさわやかな楽曲になっています。

 

作曲のSawくんから聴いた楽曲のコンセプトやこめた想いは

◆夏の空をイメージしました◆

とのこと!

うんうん!いいね、すごくいい!

 

今回のアルバムは特にテーマを設けずにみんなに楽曲を制作してもらったのですが、「夏」をテーマに楽曲を作ってくれた子が多かった気がします。

Sawくんは、今回作ってくれたようなジャンルの音楽が好きで、拘って制作を続けています。

 

今回大変だったところは
◆リードをレイヤーして音を作る作業が大変でした。◆とのこと。

 

レイヤーというのはEDMでよく使われるテクニックのひとつです。

音に厚みをもたせるために音色を重ねること。

曲をきくときって、メロディをきいたり、全体的に感覚で聞くことがおおいけど、

作者からしてみれば、1つ1つの音にこだわり、細部まで調整を重ね。。。という膨大な作業があるのです。

ぜひもう一度再生して、Sawくんのこだわりポイントをきいてほしい!です!

 

ちなみに、楽曲で一番聴いて欲しいところは

◆ビルドアップからドロップ◆だそうです。

 

楽曲で言うと

0:50くらいからもりあがるところ!かな!

もうこれからはじまるよー!感満載の部分です!

1年生ながらアルバム1曲目をかざってくれたSawくん。

今後の楽曲もたのしみですね!

サウンドクリエイターカテゴリの最新記事

error: