結果が出た途端、評価は180度転換する?!

2020年05月23日  今日の一言先生ブログ山本 雄太

こんにちは!

教務部の山本雄太です!

 

SHOW!では人間性育成に力を入れています。

「目標達成のための10ヶ条」を大切にしており、

『音楽・ダンス・エンタテイメント分野で夢を叶えるための考え方』をブログを通じて発信しています。



 

 

今日のテーマは「結果が出た途端、評価は180度転換する?!」ですflair
こんな言葉を持ってきました。

 

*************

 

目に見える結果が出てきた途端、まわりからの評価は180度転換する。

 

失敗は「経験」と呼ばれ、

わがままは「こだわり」と呼ばれ、

自己満足は「オリジナル」と呼ばれ、

意味不明は「斬新」と呼ばれ、

協調性のなさは「個性」と呼ばれるようになる。

 

ただオタクと呼ばれていた人も、それが突き抜ければ専門家と呼ばれる。

スタートは自己満足ありき。それでいいんだ。

 

 

(引用:最強の思考習慣/高橋歩 出版社: A-Works より)

 

*************

 

 

 

この言葉非常に納得できます。

 

新しいことは常にこの問題と直面します。

 

「なんか変じゃない?」

「誰もやらないよ」

「よっぽど頭が良くないとできないんじゃない?」

「ほらやっぱり失敗した」

 

などなど・・・。

 

けど、目に見える結果が出た途端、評価が一変する。

 

 

つまり、今もし自分に好きなことがあるのであれば、それは必ず正解ってことです。

 

 

誰が何と言おうと、自分が好きなことならやった方が良いんです。

 

 

そして、これからの時代は希少性を高めていくことが大事。

 

レッドオーシャン(ライバルがたくさんいるところ。競争が激しい「血の海」のこと)よりも、

ブルーオーシャン(ライバルが全然いないところ。誰もいない「真っ青の海」のこと)を目指す方が良いじゃないですか。

もし周りから否定的なことを言われたら、それはブルーオーシャンってことですよ!!チャンスなんですwink
 

 

スタートは自己満足ありき。

ちなみにオタクって言葉は、僕は最高の誉め言葉だと思ってますshine
それだけ専門家ってことですから。

 

●●オタクになろう!(僕だったら「ダンスオタク」「ワンピースオタク」(マンガの方ね)「スラムダンクオタク」かなcatface

 

さぁ一歩を踏み出していこう!

 

山本雄太

 

【SHOW!が人間性育成に力を入れる理由】

ブログ「目標達成のための10ヶ条」はこちらをタップ



 

Back top Top