新しい才能のつくり方

2020年06月18日  今日の一言先生ブログ山本 雄太

こんにちは!

教務部の山本雄太です!

 

SHOW!では人間性育成に力を入れています。

「目標達成のための10ヶ条」を大切にしており、

『音楽・ダンス・エンタテイメント分野で夢を叶えるための考え方』をブログを通じて発信しています。



 

今日は「新しい才能のつくり方」というテーマです。

こんな話を持ってきました。

 

*************

 

天才というのは、生まれ持った天性のなにかがあるということではないと思います。

環境によって、天才にならざるをえなかった人たちなんです。

極端な才能も、極端な環境によってもたらされたものなんです。環境が先。そこに帳尻を合わせるように、才能が出てくる。

天才になる必要がある環境に人を追い込めば、その人は天才になるんです。

 

25歳のときに、ひな壇番組に出ない、クイズ番組に出ない、情報番組に出ない、グルメ番組に出ないと決めました。

そうすると、仕事の9割くらいなくなるんですよね。

どうやって生きるのっていうレベルです。やべーってなる。

それから2週間ぐらい飲み歩いて、そのうちに、絵本を描くか!となりました。

そしたらどうなったと思いますか? 急にへんなとこが伸びたんですよね。絵がうまくなったんです。

天才とまでは言わなくても、なにか新しい才能がほしかったら、そういう環境に自分を追い込めばいいんです。

 

(中略)

 

まとめ:

あれこれ準備する前に、まず「やる!」と宣言してしまおう。

あなたのアイディアや行動力は、環境が勝手にもたらしてくれる。

天才になるしかない環境に追い込まれれば、人は天才になる。

「環境の変化」=「あなたの成長」

 

 

(引用:バカと付き合うな/堀江貴文 西野亮廣 出版社: 徳間書店 より)

 

*************

 

 

 

この話はキングコングの西野亮廣さんのエピソードです。

現在はお笑い芸人をしたり、絵本作家をしたり、国内最大のオンラインサロンの運営をしたりしています。ちなみにオンラインサロンには月額1,000円で、ウン万人の方が参加しています。

 

 

 

文中の言葉にある、

 

 

「なにか新しい才能がほしかったら、そういう環境に自分を追い込めばいいんです。」

 

 

という言葉、非常に納得させられます。

 

僕も振り返ってみて思うことは、何か能力が身についたときって、「そうせざるを得ない状況」だったりします。

 

例えばイラストレーター。(adobeのソフト、Illustratorのことです)

僕はSHOW!でお仕事をするまではイラストレーターを使ったことがありませんでしたcoldsweats01
 

けど、仕事でチラシやフライヤーを作らなければ行けない状況になり、、、

わからないながらも一からやってみて、今ではある程度できるようになりましたshine
 

皆さんもそういったことありませんでした?

 

バンドでベースがいなくて自分がやることになってできるようになった、とか。

アルバイトで急にキッチンやってって言われ、料理ができるようになった、とか。

 

「環境の変化」=「あなたの成長」

 

今まさにその時期ですね。

 

オフラインができないから、オンラインでできることをやってみると決める。

毎日●●をやると決めてみる。

 

「新しい才能のつくり方」はこうやると良いのかもしれません。

 

少しでも参考になれば嬉しいですhappy01
 

山本雄太

 

【SHOW!が人間性育成に力を入れる理由】

ブログ「目標達成のための10ヶ条」はこちらをタップ



 

Back top Top