掛け算すれば必ず食える?!

2020年06月24日  今日の一言先生ブログ山本 雄太

こんにちは!

教務部の山本雄太です!

 

SHOW!では人間性育成に力を入れています。

「目標達成のための10ヶ条」を大切にしており、

『音楽・ダンス・エンタテイメント分野で夢を叶えるための考え方』をブログを通じて発信しています。



 

今日のテーマは「掛け算すれば必ず食える?!」。

こんな話を持ってきました。

 

*************

 

掛け算すれば必ず食える。

 

複数の分野を掛け合わせてレアな人になればなるほど、食べていける確率も高くなります。「100人に1人」というのは、そのスタートラインだと考えてください。プロとして名乗っていいというレベルです。

「100人に1人」は雑居ビルにひとりのイメージ。「1万人に1人」は町にひとりのイメージ。「100万人に1人」は世代にひとりのイメージです。

たとえば、お笑い芸人の競争は非常に激しいので、「100人に1人」のレベルでは、お笑い一本で食べていくのは厳しいかもしれません。明石家さんまさんのような「100万人に1人」「1000万人に1人」の才能をもった人と同じ土俵で戦わなければいけないからです。

同じように、美容師の世界も競争が激しく、「100人に1人」のレベルでは独立してずっと食べていくのは難しいかもしれません。表参道で「カリスマ美容師」と呼ばれるには、「100万人に1人」になる必要があります。

しかし、「100人に1人」のお笑いレベルの面白さの人が、修行を積んで「100人に1人」の美容師になれば、「お笑い美容師」という新機軸を打ち出すことができます。

このレアさは「100人に1人」×「100人に1人」=「1万人に1人」。

町にひとりしかいない「お笑い美容師」ならば、お客様はきっとやってくるでしょう。

掛け算することで、「地域一番店」をめざせばいいのです。

 

 

(引用:藤原和博の必ず食える1%の人になる方法/藤原和博 出版社: 東洋経済新報社 より)

 

*************

 

 

 

 

この話を聞くと、「自分にもできるかもしれない」って思いません?

 

今、今後自分が武器にしていくであろう好きなことを学んでいる。

そこで100人に1人の人になる。

あとは、今まで自分が学んできた、または好きでやってたことを探してみる。

 

「イラストが得意」

「昆虫がめっちゃ好き」

「動物めっちゃ詳しいっす」

「釣りなら得意です」

「漫画●●の知識なら誰にも負けない」

「手品できます」

「筋トレめっちゃやってます」

 

などなど。

 

実際に、

 

「バリトン歌手」



「誕生日のお祝い」

 

を掛け合わせた「池田ハッピーバースデー」さんという方がいらっしゃいます。

 

池田ハッピーバースデーさんは、毎日著名人へ、あの定番の♪ハッピーバースデートゥーユーの曲をアレンジして、歌をアップしていますshine
 

6月23日現在は「SHOWROOM」の前田裕二社長をお祝いしていましたhappy02
池田ハッピーバースデーさんのツイッター↓↓

https://twitter.com/ikedahpb

 

確かに、歌を歌っている人は世の中にたくさんいるけれども、「勝手にハッピーバースデーを歌うポジション」はこの池田ハッピーバースデーさんだけかもしれません。

 

実際、一般の方からも、「友達へ、親へ、贈ってあげたい!」という依頼が来ているとのこと。

 

掛け算することによってマネタイズできている良い例ですよね。

 

 

アーティストよりの話に聞こえるかもしれませんが、裏方スタッフを目指す人にも同じことが言えると思います。

SHOW!にいるなら、歌・ダンス・楽器など+照明とか、歌・ダンス・楽器など+映像制作とか、あり得ますね。

シンガーやダンサーが作る照明や映像ってアーティスト目線だと「それそれ!その感じが表現したかったんだよ!」みたいなことありますもんね。

 

 

 

ですので、僕が思うに、皆さんにも全員等しく可能性があるってことです。

 

今自分が学んでいる好きなこととプラスして、

今まで自分がやってきたこと、好きだったものを思い返してみる。

 

 

きっとそのストーリーは自分にしかなくて、

誰にも真似できないオリジナルのポジションを獲得できるはずです。

 

 

一緒に探しますeyeflair
そしてSHOW!には一緒に探してくれる先生方がいますshine
いつでも声をかけてくださいね(^^)

 

山本雄太

 

【SHOW!が人間性育成に力を入れる理由】

ブログ「目標達成のための10ヶ条」はこちらをタップ



 

Back top Top